ヤフオクの商品カテゴリーと出品時の注意点について

日本最大級のインターネットオークションであるヤフオクは、

出品者・落札者ともに、個人・店舗など様々な方が利用しています。

それだけに品ぞろえも中古品から新品まで実に多種多様です。

 

2012年には「スキル、知識」といったカテゴリが新設され、

物品だけに限らず、よりいっそう充実した商品のバリエーションをほこっています。

 

入札者として希望の品を探すにあたっては、

家電」・「ファッション」・「食品」といったようなカテゴリから、

または「名称」・「型番」・「色やサイズ」からなど、

様々な角度からの検索が可能です。

そういった検索機能を活用し希望の品を見つける事が出来たら、

 

次に比較や検討に入ります。

本当に自分が欲している商品かどうか、

複数存在するのであればどれが一番安価であるか、送料が得か、

または急ぎで必要な場合などは入札の「終了時刻」であったり、「即落札」が可能か、

なども判断材料となります。

 

商品が型番などで特定されるような

家電製品やスポーツ用品などは、割合比較検討がしやすいですが、

洋品などの場合、「色」・「柄」などが自分が思い描いている物であるかどうかを

商品画像から見極める事が必要となってきます。

 

そのため、出品者となる場合は、

①より鮮明で美しい画像を使用する

②全体感がわかるように

③部分的なアップなども付ける

 

というように、より見る側に伝わるような画像を載せるというのも、

たくさんの入札者がつく「コツ」となるでしょう。

自分では良かれと思って出品した品の情報量が少ないあまりに、

落札者から「イメージと違った」と言われてしまうようなことも避けたい所です。

 

どうしても光の加減などで商品写真が思うように撮れない場合などは、

説明の欄に「画像では□□色に見えますが、それよりも○○色よりの△△色です」など

補足を付け加えておくのも良いでしょう。

 

このように、出品者側は必要な情報を適度に盛り込み、

入札者側は自らが欲している物か

どうかをしっかりと見極めた上で入札することで、

お互いに気持ちの良い取引ができることが望ましいでしょう。