中古オークションの取引で気をつけること

682319_82748260

中古オークション」を利用する時に気をつける点はいろいろあります。

オークションに出品する場合は、

やはり嘘、偽りのない説明と写真をつけることが大切です。

 

これはその人の良心にも寄りますが、

オークション後に商品を買われた方の「コメント」に「満足感」や、

よい評価」がないと、今後のオークションに影響がありますから、

例え売るのに不利な点があったとしても正確な情報を掲載するように心がけましょう。

 

また、

そのような商品でも売りやすくするためには、

キズ」や「何か不利な点」があっても、

まだ使用価値が何らかの形である事を上手く述べるとよいでしょうし、

他の「競合店」の値段を調べた上で、

ほんの少しでも安くしてみたり、きちんと手入れや掃除をした上で

写真を撮ったり」、また写真の出来栄えでも違いますから工夫しましょう。

買い手にとっては、やはり同じ商品を比較することは必至です。

 

自分が何を求めているのか、例えば「値段の安い」もの、

または同じモデルでも扱いのよさそうなもの、

など、まずはっきり考えるとよいでしょう。

一番避けたいのは、当然だと思って落札した商品に

思いがけぬ不具合があった時のことです。

 

それぞれの説明を読んで、まず正常に動くものなのかどうか、

部分的に動かない部分があるのか、洋服でしたら穴が開いているのかどうか、

汚れはあるかどうかなど、記述がなければ積極的に質問しましょう。

一度受け取ってしまうと、なかなかクレイムをつけにくいものです。

 

手に取ってみないと分かりにくい商品の場合は、

できるだけ詳細を読んでみたり質問したりして、

返品という事態を避けるように気をつけましょう。

最後に「落札値段」ですが、自分が納得のいく金額をかけるのは必ず必要です。

納得のいく上限を必ず決めておきましょう。

 

上限が超えてしまった場合にはすっぱりあきらめられるようでないと、

オークションにはあなたは向かないと言えるかもしれません。

オークションはギャンブルとも言えますから、

特にお金には節度を持って参加しましょう。