ヤフオクで落札がキャンセルされた場合

682319_82748260

ヤフオクに出品していると、

落札が楽しみになるものです。

落札通知のメールが届いたので、

取引相手への連絡を取引ナビにて行ない、

返事の書き込みを待つことになります。

 
すると、取引相手から取引ナビへ「その他」の見出しで書き込みが

来る場合があります。

 

そういう場合は大抵、「入札したけど都合でキャンセルさせて欲しい

という申し出である確率が高くなります。

この場合出品者は

落札者都合による削除」という処理を行なうことになります。

出品者がこの処理を行なうと、Yahoo!から取引相手へ、

自動的に、「非常に悪い」という評価が付けられることになります。

相手の側がこうなることを承知の上で「キャンセル」を申し出てきた場合は

特に問題ありません。

 

しかし、

中にはこうしたシステムを良く理解しないまま「キャンセル」を

申し出てくる場合も考えられます。

 

そういう人は自分に「非常に悪い」という評価が付けられているのを見て、

出品者側に「非常に悪い」という報復評価を付けてくる場合があります。

こうした可能性を恐れる出品者の中には、

自分の商品に入札があった段階で、その入札者のIDを確認して、

過去に取り引きのキャンセルでYahoo!から「非常に悪い」という

評価が付けられていないかどうかを調べて、

そのような評価が見つかった場合には即座に入札を削除し、

該当するIDを「BlackList」に登録してしまう場合があります。

長年に渡って築き上げてきた

自分の評価に「傷が付く」ことを恐れる気持ちは分かりますが、

そのような極端な対応を取らざるを得ないということは、

少々残念な気がします。

 

実際、オークションでの取り引きは、

互いの顔が見えないままのやり取りとなるため、

普通以上に気を配りながら連絡を取るようでなければ、

ちょっとした行き違いが生じるなら、

トラブル」に巻き込まれる可能性は高くなります。
とはいえ、いつも誠実で丁寧な取り引きを心掛けているなら、

それほど深刻なトラブルを恐れる必要は無いでしょう。

いずれにしても、ネットオークションでの取引は、

通常の商取引と同様に、売り手と買い手の取り引きとなるわけですから、

お互いにマナーを守りながら気持ちの良い取り引きを心掛けたいものです。