ヤフオクで商品を売るためのコツ:商品写真は複数枚アップロード

a0002_007311

手持ちの商品を「ヤフオク!」に出品してみたものの、

なかなか買い手が付かず期間終了…。

何度かそんな経験をして、

 

ネットオークション=売れない。

 

という意識を持つようになってしまった方も少なくないのではないでしょうか。
けれど、

それでヤフオクへの挑戦をやめてしまうのはもったいないことです。

初心者でも、工夫次第ではちゃんと商品を売ることができるのです。

何と言っても注意すべきは、「商品写真」です。
素人が出品するヤフオクでは、

一般の通販サイトに比べて、

購入者側の不安が大きくなっています。

 

なので、商品の状態を最も率直に確認できる写真は、

まず目が行くところ。それが画質の悪いもの一枚だけだったら、

どんなに安くても購入を躊躇してしまうことになります。

 

必ず、商品の特徴が分かるよう、

複数の角度」から「撮影」した写真をアップロードするようにしましょう。
 

例えば本を出品するにしても、

「表紙」・「開いた状態」・「閉じた状態の小口」(紙の束になっている部分)などを写すと、

商品の状態がよりわかりやすくなります。

何冊かの本をセットで売る場合には、

すべての本を揃えた状態」と「一冊一冊の詳細」、それぞれが分かるようにしておく必要があります。

そのように複数の写真を載せることは、

商品の状態を確認する手段にとどまりません。

出品者の人柄を知る手段にもなるのです。

 

お座なりな「画像一枚」で済ませている出品者は、

ともするといい加減なふうに見えてしまいます。

そうなると、梱包や配送をちゃんとしてくれるのか、

といった面まで不安が広がってしまうのです。
 

一方、商品の状態が分かるよう丁寧に「アップロード」していれば、

信用が置ける出品者と見做される確率が高くなるのです。

でも、それがパソコンが苦手で・・・素人では難しい・・・・。

そんな思いをお持ちの方には、画像複数アップ機能の

テンプる」(無料)をおすすめします。

そのほかにも、「文面やタイトル」、「開始価格」など、

気を付けるべきポイントは多数あります。

それらは、他の出品者のページを見ることで知ることができるはずです。
 

自分が買う側だったらどの人から買いたいか?

 

ということを意識して、他のページを見てみてください。

自分のページに足りないものが見えてくるはずです。
売る側も買う側も同じ一般人、という意識を持って、

自分が買ってみたくなるページを作ってみてください。

 

だから、その出品ページをつくるのが、

難しいだって!と思う方には、

「テンプる」の出品テンプレート作成機能をおすすめします。

写真と商品説明を入力するだけで下記のようなテンプレートが

作成できます。

 

33659057