カメラで商品画像を撮影しオークションに出品するにあたり。

a0002_007311

インターネットが普及してからは、

カタログ販売での通信販売だけではなく、インターネットを利用して、

素人でも比較的簡単に通信販売を利用することができるようになりました。

 

かつては一般的な方の場合では、

購入者としての通信販売の利用に限定されていたものですが、

現在では業者のように個人的に販売者として商品を提供することが誰でも行うことができます。

 

その際には、広く認知されている「ECサイト」を利用して、

商品を販売することが行われていますが、

特に「オークション」などで商品を出品する場合では、

事前に必要とされている準備として、

商品画像をカメラで撮影することが必要不可欠なことになります。

 

通信販売の場合では、カタログでもインターネットでも同様に、

購入希望者に商品の詳細を知ってもらうことが大切になります。

 

そのため、可能な限り分かりやすく商品説明をするためにも、

商品画像を用意することが必須条件となります。

 

例えば撮影する場合では、使用する「カメラ」については、

デジタルカメラ」を用いることが良い方法になります。

昔は、画質などの低いデジカメでは、オークションに掲載した場合に、

画像が粗く商品がぼやけてしまったりなどしてましたが、

最近のデジカメは機能が向上したことにより、

安価なカメラでも十分な画質を備えるようになりました。

 

デジタル式を用いるメリットとしては、

直接にパソコンに画像を取り込むことが可能になるために、

画像を加工しやすいことが挙げられます。

 

また、一つの商品でも正面や側面、

裏面などの「複数の角度」からの画像を撮影することによって、

より一層商品を販売するために必要な効果が上がることになります。

 

中古品などを販売する場合では、商品にキズや汚れなどが生じている場合では、

該当する部分を撮影しておくことも信頼度を上げることに繋がります。

 

商品画像に関しては、販売能力にかなり影響する部分となるために、

背景」に関しても十分に考えることが必要になります。

 

例としては、

「黒色」などの色の濃い商品を対象としている場合では、

背景にはできるだけ明るいカラーのものを用意することが必要です。

 

簡単に用意することのできるアイテムとしては、「画用紙」を用いたり、

」を用いることで完成度の高い商品画像を撮影することができます。