ヤフオクにおけるアクセス解析について

 

ヤフオクの出品ページに、

アクセス解析を入れる事で1日のアクセス数を知る事が可能になります。

但し、アクセス数が「多い事」と「入札数」との関連性は低いといえます。

しかしながら、オークションページに「アクセス解析」を入れておくことで、

アクセス数の把握が可能になります。

アクセスの数が少ない場合は、何かしらの問題があるわけで、

その対処をする事でアクセスの数が増える事になりますので、

まったく無意味とはいえません。

 

例えば、ヤフオクなどの場合は、

商品を探す人はランダムに商品を探すよりも、

商品カテゴリなどを選んで商品を探すケースが多いものです。

 

商品カテゴリを選ぶ事で、特定の商品はリストで表示されますので、

そのリストの見出しなどを工夫を行う事でアクセスの数を増やす事が出来るのです。

魅力のあるタイトルや見出しと言う物は、

人々の興味を招きますので、アクセス解析を行った結果、

あまりにもアクセスの数が少ない場合などでは、

このタイトルや見出しを変える事でアクセスの数に変化が起きるのです。

因みに、アクセス解析を取り入れることで、

アクセス数の数の把握が出来る事や、アクセスをしてきた人のホスト、

OSの種類」や「ブラウザの種類」、そして「アクセス元アドレス」などの情報を得る事が可能です。

 

しかし、アクセス数以外の情報というものは、

ネットオークションに関して言えばそれ程重要なものではないわけです。

尚、この機能を利用する場合は、

特定のウェブサイトに登録を行い、アクセスの解析を行うツールを利用する事で可能となります。

利用方法は簡単で、Ninjaのようなアクセスの解析ツールを無料で提供しているウェブサイトを探し、

出品ページの「説明」の欄を「HTML入力」モードにして、

アクセス解析の「HTMLタグ」を貼り付けてください。

 

アクセスして来た人の「ホスト名」やアクセスをしている人が利用している「ブラウザの種類」、

アクセス元の「アドレス」、そして「アクセス数」を解析する事が可能になるのです。

 

但し、

アクセスを解析する行為そのものはオークションによって規約違反の場合もありますので

ヤフオクなどで利用する事は控えた方が良いとも言われています。