ヤフーauctionをビジネスとして行う場合の利点

926593308e2dfef9501a5ee36d37c58d_s

ヤフーauctionは,インターネットオークション業界の中の

80%」を

占めているといわれています。

 

2011年度の年間のネットオークション市場の売り上げ高は、

8374億円あり、そのうちの約6700億円がヤフーauctionによるものです。

全体量の80%がヤフおくと言う事は、規模の大きさが如何に大きいかがわかります。
個人でネットオークションを利用している人も多くいますが、

中にはビジネスとしてネットオークションを利用している人も沢山いるわけです。

 

個人の場合は、出品する数もそれほど多くはありませんが、

ビジネスとして出品を行う場合は、かなりの数の商品を

ネットオークションに出品する事になります。

ヤフーの場合は、1回に出品できる数を300点と言う上限に設定していますので、

これを超える数の商品をネットオークションに出品させる事はできません。

 

しかしながら、300点近い商品を出品した場合、

それぞれの商品の管理はとても大変なものになるわけです。

これは、「ストアツール」と呼ばれる専用のツールがあり、

商品を管理する事ができる仕組みになっています。

予約出品」、「商品情報」、「商品の画像」と言った情報を「CSV形式」のデータで管理を行い、

これらの情報をCSVでアップロードする事で、一括でオークションのページを

作成する事が可能になるのです。

 

これにより、出品作業の工数を大幅に削減する事が可能になります。

また、ヤフーauctionをビジネスとして利用する人のために、

店舗仕様のページを作れるテンプレートが用意されています。

 

ネットビジネスの問題点で取り上げられる信頼性は、

ページのレイアウトなどによっても代わりますので、

お店のスタイルのテンプレートを使うことで、安心感を得られます。

ネットオークションをビジネスとして考えた場合、

落札した人や入札を行なった人は、そのオークションが終了した後も顧客として考えれば、

ビジネスの幅は広がる事になります。

 

そのため、ヤフーauctionではメルマガ配信機能を付加しており、

落札や入札を行なった人に対して、新商品情報などをメールで配信させる事が

可能になっているのです。

 

ちなみに、テンプるでも下記みたいなストア風の出品テンプレートが作成できますので

ユーザーの方は、利用してみください。

98835449