ヤフオクの発送方法について

これだけインターネットが普及した現在、必要な物をスーパーで購入するのと同じくらい

気軽にインターネットオークションで物を手に入れる事が出来るようになりました。

 

その中でも、出品者側も入札してもらえる確率が高く、

入札者側としても欲しい物が安く手に入る確率が高い、

日本最大級の利用者数を誇るヤフオクは賢く上手に利用したいものです。

 

出品する際にどうすれば閲覧している人の目にとまるのか?

 

商品画像説明目立たせるための工夫は様々です

例えば新品で全く同じ商品に入札するのであれば、

最初の設定額が安いのはもちろんのこと、支払方法発送方法なども、

入札者側から見ると重要なポイントとなってきます。

 

代引きは可能でしょうか?

時間指定は?

定形外郵便も可能でしょうか?

 

あらゆる発送方法に対応し、入札者の希望にそえる出品者であることは重要なポイントです。

送料が落札者負担の場合は発送にいくらかかるのかも入札するかしないかを

判断する重要な基準となりますので明示しておくべきでしょう。

 

出品前に出品する商品について梱包のシミュレーションをし、

「重さ」、「サイズ」から各種発送方法に合わせた金額を調べ、

発送先別に記入するようにしましょう。

下記のようなサイトでは、送料のシュミレーションを行うことができます。

送料の虎

 

入札の際に○○円と書いてあったのに、

いざ発送の時になったらそれよりも高い金額を提示された、

というようなあいまいさがあると落札者から不信感を持たれてしまい、

評価も悪くなる可能性がありますのでそれだけは避けたい所です。

 

それが手間だと思う方は送料も加味した値段設定にして

送料込み価格で出品するのも懸命です。

そして自分が出品した商品が目にとまり落札してもらえたら、

そこからはより迅速に確実で誠実な対応をすることが評価に繋がります。

 

発送する商品に合った梱包方法を選び、よりコンパクトに、

それでいて傷などがつかないように保護されていることも大切です。

過剰過ぎる包装で発送金額がはねあがることも避けたい所です。

 

時々しか出品しないというのであれば自宅にあるもので工夫して梱包することも可能ですが、

コンスタントに出品し、発送する事が多いようであれば、専用の梱包材を入手しておくことも良いでしょう。