ヤフオクの違反申告について理解しておこう

8fae1e722efa0ccae57c9b1934959835_s

ヤフオクは、売り手と買い手の仲介をしてくれるネットオークションの1つです。

事前に登録をする事で、任意の商品を出品したり、逆に買ったりできます。

自由に売買できるメリットがあるのですが、個人同士によるやり取りなので、

トラブルが発生するケースもあるのです。

これには、本当に買い手側も売り手側も慎重になります。

 

基本的に、ヤフオクの運営は不干渉なのですが、

明らかにガイドラインに違反している行為に対しては必要な対処をします。

*ヤフオク側は、めったに干渉してきませんが・・・・・。

具体的には、サイト上の違反申告によって伝えられるので、必要に応じて利用しましょう。

それで、このヤフオクにおける違反申告は、2つの立場において考えなくてはなりません。

 

まず、売り手の立場としては、他の利用者から申告される側になります。

もっとも、これは利用者の主観による申告なので、必ずしも正確な判断とは限りません。

ライバル出品者の嫌がらせの場合もあります。

 

違反をしていないか自分で再度ガイドラインを確認しつつ、冷静に対応するべきです。

ただし、

申告をされたら、出品した商品に表示がされるので、その点には注意する必要があります。

 

そして、買い手の立場では、出品されている商品についての違反申告をする側になります。

著作権違反などを見つけたら、所定の手続きで申告しておく義務があるのです。

 

しかし、

必ずしもその出品された商品が取り消されるわけではなく、あくまで注意喚起です。

ヤフオクの運営もパトロールをしますが、明らかに違反でなければ、

強制的な取り消しにはならないでしょう。

 

また、安易な申告は相手の迷惑になるので、よく考えてから行うべきです。

ヤフオクは、あくまでオークションの場であって、

売買によって発生する責任は当事者同士にあります。

オークションの運営はその手助けをしているだけなので、違反申告についても

参考情報の1つとして扱っておきましょう。

 

さらに、常にシステムが変更されているので、

どのような内容になっているのか定期的に確認しておくべきです。

 

正しく理解しておけば、それだけ有意義なネットオークションの利用ができるようになります。